Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

わたしの気持ち2016

発達障害でも統合失調症でも、本人に病識があって法令順守が身に付いているなら悩むだけ無駄なんだねー。産まれてきたのは己のせいじゃないしー、あー悩んで病んで無駄だったわ。

3月22日 (いいか悪いかは別にして)確かにネットの方がTVより興味深いかもしれない。どちらが残酷なのかわからないけど。※追記

統合失調症の陽性症状時に、自分自身の個人情報+本人画像付きのブログを書いてしまう人がいる。
統合失調症の症状には、黙っていることや秘密を守る事ができないというか、なぜか非常識極まりないレベルでオープンな性格になってしまう人もいるからで、そういった状態にも関わらず周囲に話せる相手がいない時にブログを書いてしまうのかと考える。
周囲に人がいればいたで、人との距離のとりかたも図々しく非常識になるから、やっぱりリアルでも個人情報を開示してしまうのですが。(私がそうでした。私のフルネームやらをリアルにいきなり開示された方も迷惑ですよね……。すみませんでした…。)

自身がそういったことで失敗した事があるので、統合失調症陽性状態の方のブログには興味がわいてしまいます。
不謹慎だけれど。
偶然にも某所で、陽性症状の真っ最中の女性のブログを見つけて観察してしまった。

そういえば、このブログの過去記事に集スト関連のURL を貼ってくれた方もいたようですが……
ごめんなさい 見ていません 笑
貼ってくれた方の親切心なのか、イタズラ心なのかどちらでもかまわないのですが(さて、どちらなんでしょうか)
もしイタズラ心なら、やめた方がいいですよ。

そう、それで、とある統合失調の女性のブログなのですが……。

彼女のブログを目にすると、それを目にした人達が考えることは皆同じなんだなということがわかりました。なぜなら、画像つきで開示してある彼女の通う病院、そちらの病院名を検索するとアクセス数がとんでもないことになっていたからです。
そうですよね、女性の一人暮らしだから誰かしら病院に連絡してあげますよね。
病識をなくしているから、とんでも画像を貼ったブログを1日なん十回も更新していますって……
ご本人だけでなく、町行く人の画像まで晒してしまっていますよって……

統合失調症状になった時点で、ストレスマックスなために人格崩壊状態になるので(人格崩壊の仕方は人それぞれだけど)、今現在その個人情報開示ブログを書き続けているだろう彼女は、正確に表現できないけど「彼女であって彼女ではない誰か」っぽい人なので、読者さん(のうちの、本当に少数の方になるのでしょうけれど)コメント欄を悪趣味なイタズラに使われている人がいた)
いかんともしがたいのは、その女性の崩壊した人格はそうとうなウザさな上に、とんでもない間違いを犯してしまっていて…だからコメントに嫌がらせしたくなる気持ちもわからなくもなく……
ただ、本人が好きでああなっているのでないということだけは理解できるので(それにしても常識からの逸脱が激しすぎる。私が言うなという……!?)

皮肉にも、統合失調症状のドキュメンタリーとしては、秀逸なブログになっています。
アクセス数もすごいことになっています。(ご本人がアクセス解析をブログに貼って下さる)
個人のブログは、TVと違って撮影期間が決まっているわけでも、ギャラが発生するわけでもなく、実は本人すら好きこのんで書いている訳ではないかもしれない状態なので……。
あの女性が、平常心に戻られますように。
(今は、書いてあることはが滅茶苦茶なブログだけど、とても辛かったことがあったのは伝わります。)

◇◇◇


※わたしの気持ち2016を今まで読んで下さってありがとうございました!
次回は【目標達成後】に更新しますね!
S 井さん!仮名さん、yoma-z さん、ゆうちゃん、色々な方ありがとうございました。
生まれて初めて人生に気合いが入っているので、2年以内には更新できるように頑張ります!

ありがとうございました。

(私って、まだまだ寝ぼけていたんですよねw起きましたよ。やっと今、たぶん普通に起きられました 笑 もしやAS○Aさんも寝ぼけて……w すみません…)


【統合失調時にどうしてもネットにアクセスしたい!そんな時には!】

Q&Aサイトの質問に回答を書き続ける!←おすすめですw 例えばYahoo!○恵袋
ちょっとした理由があって、私がアクセスしていたサイトのひとつになります。
そのサイトが、知○袋どころか知恵遅れサイトと言われるのには、こんな事情があるのかもしれませんね。(多分ちがうけれど)


※※yoma-z さんのブログがプライベートモードに……寂しい。

S井TOM美ちゃん、○鹸を贈った私を殴って…
全く悪意はなくて…恥ずかしいやら申し訳なさでいっぱいです。