わたしの気持ち2016

発達障害でも統合失調症でも、本人に病識があって法令順守が身に付いているなら悩むだけ無駄なんだねー。産まれてきたのは己のせいじゃないしー、あー悩んで病んで無駄だったわ。

最初にして最後のホストクラブとわたし

◇◇◇

昔々バイト先の女の子に連れられ
新宿の小さなホストクラブの初回5千円飲み放題に
お付き合いで行ったことがあります。
わたしは飲めないけど……。

お店の名前なんて覚えてないけど

「岡○ちゃん歌ってよー!」
って言ったら
「だ、誰すかー!?有名なんすか?」
って……。有名だよ。岡○靖幸ですよ。

そのお店の、顔も会話もつまらんホスト(わたしにとっては、ですが。)しかもカラオケすらできなくて、おまけに飲めないわたしの5千円がコーラ1杯ですかあ……。

ねえ、タヌキチちゃん(バイト先の女の子のあだ名。)なぜあなたは
ドンペリを入れられるの?わたしたちのバイト代はたかが知れてるのに。
どうしてドンペリの瓶を持ち帰るの?
邪魔じゃないの?
あなたのロッカーの中、瓶だらけじゃないですか。

静かに過ごしたい早く帰りたい。
そう思うわたしのテーブルに
静かな人がついた。
眠さもあって、ボーとしていたら
その静かな人(唐沢寿明に似ていた。たぶん明るい場所で見れば似ていないかも。)
は電卓で計算をし始めた。

「君は飲めないからコーラを頼んだでしょ?コーラは60杯ならね(電卓カチカチ……)ね!これで約三万になるから」

はあ……。ホストとヒモは細かい金の計算能力だけはあるという噂は本当だったんだあ。
コーラとじじい(って言っても30才前半くらいかな)に3万円を払うなんて無理です……。

何はともあれこホストの図々しさと自信にあふれた態度は
わたしに必要なものだったんだなと思う。特に「自信」は。

これが最初にして最後のホストクラブ体験。

わたしには必要の無い場所。
そこに通った方が対人関係に免疫ができたのかもしれないけど……。

その日タヌキちゃんは唐沢(似)のことで
わたしにささやいた

「あいつは色で売るタイプだよ!いいの?担当あれで?よく考えなよ?」

ありがとうタヌキチちゃん。
二度とはこないから担当なんて考える必要はないんだよう。
あと、色で売るって意味が当時は分からなかったよ。

数日後タヌキチちゃんはわたしにアルミホイルに包まれた謎の粉をくれた
ありがとうタヌキチちゃん!でも、わたしそれ要らないんだよう。

とりあえずアルミホイルごとバイト先の店長に渡して報告した。
だからアルミホイルの中身は分からないけれど
翌日店長から、たぬきちちゃんには店を辞めてもらったと伝えられたので
やっぱりわたしに必要のない何かだったんだなと思った。


よくわからない思い出だけど
わたしはホストとディズニーが好きではありません。

わたしは死にたがりで他人に冷たくて
性格には良いところが一つもないらしいけど(実際そうなんだろうけど)それならそれで、他人に嫌われることを気にしなかったとすれば
余計な付き合いも無くて、かなり貯金はできたと思う。
けど明日死ぬかもしれないメンヘラ化した女だったわたしには、貯金は必要ないし
万が一誰かに貢いでしまうのが愉しいと思ったら
借金だらけになっていただろうし。

そう考えると
初めて入ったホストクラブにタイプじゃないホストしか居なくて良かったと思う。
何万回行ったってタイプなんていないと断言できるけど。

でももしかしたらタイプな人がいて
保険金貢げるくらいのニセコイをできたなら、それはそういう人もいていいのだと思います。

わたしは、嫌ですけど……。

◇◇◇



3万円があれば、もっと美味しいシャンパーニュ(笑)だっていただけるでしょ?
大量のコーラもアルコールも
わたしには必要無いけど。

たぬきちちゃんは、寂しがりやさんだったのかな……。

けど、良いお勉強になりました。ありがとね!
たぬきちちゃん。
そだそだ
お勉強と言えば
来店初回初日に
保険証とスポーツクラブの会員証のコピーを
ホストクラブでとられた。
その意味がわかったのもつい最近。
ちょっと気になることがあったから調べていたら……。
ふぅん……。そういう事なんだ。
納得。
初回五千円で個人情報を渡してしまった
わたしはバカ。
バカといってもホスクラの初回巡りをしたこともなければ、その後に全く関わりが無い場所なので
なんの害もありませんでしたが……。