わたしの気持ち2016

発達障害でも統合失調症でも、本人に病識があって法令順守が身に付いているなら悩むだけ無駄なんだねー。産まれてきたのは己のせいじゃないしー、あー悩んで病んで無駄だったわ。

5月16日 わたしとLDと。

識字障害を知るまで
自身が識字障害だと知らなかった……。

LDを知るきっかけになったのは
著者名すら失念してしまいましたが
男性のかたの識字障害の経験が書かれた
文庫本でした。

偶然頂いた本だったのですが
その男性視点で字を見るととんでもないことに
なっていて
まるで日本語とも何語とも識別できない
記号化された暗号のようでした。

それを読み気がついたのは
わたし自身も一定の文字の識別が難しいため
幼少の時には

【みんなで山へいきました】
という一行を絵本で見ても

1「山へいきまつた」←わたしの視点

2「山へいきまし(つ×)た」←頭の中で読み返す

3「山へいきました」←朗読してみる

その絵本のレコードを再生する
【やまへいきました】←一応確認、正解。

二段階認証で充分なのですが
小学校低学年の授業に朗読があったので
自然に3段階認証になっていましたが

小学校入学前には平仮名と簡単な漢字でしたら
普通に読めていました。
絵本が(読書が)好きだったから。

今でも英語でアルファベットを一文字だけ
紙に書かれたとして
それがbとdだったなら

dとbの区別がなかなかつけられずに
先ずはBOOK・OFFの看板を
想像してから
「BOOKはBだからb」→(*TーT)b←親指などと
脳内変換したりしています。

日常で困ることは無かったのですが
パソコンキーやスマホは打ち間違えやすかったです。
今でもちょくちょく間違えてしまいます。

医師いわく識別が出来ない文字が増えることが
ないなら問題ないそうで
実際に問題は無いです。



えっと……LGBTのことも、性同一障害にも少しだけ
思う事があるので書きます。
今朝のワイドショーでKABA ちゃんを
見たからかもしれませんが
思い出した事があるので。

6歳までは同性とも結婚できるんだと
思っていました……。
誰に教えられるとかでなく
当たり前にそれが自身の中で普通のことだったので

○×ちゃんと結婚できますように♪

なんて無邪気に短冊に願いを書いてしまって
その子からドン引きされて
ふとまわりを確認すれば
誰も同性に恋している人はいなくって……。

たぶん心は男でもなければ女でもなくて
自身が好きな人が男性だったとしても
女性だったとしても
好きなら(両思いなら)
上手くやっていけそうな気がしたりしていたのですが……。

わたしの好きになる女の子は
男にしか恋をせず
わたしの好きになった男性は
女性にしか恋をしない人達でしたので

男性としかお付き合いをしたことが無いです。
(しかも一人)

幸か不幸か
性転換することにならなかったのは
無理にわたしを男性化しても

男性の象徴的な物は……

自身の腕の神経等を切り取ったり
それを、もとからついてる物へ接続したりして
人工的に作り上げていくのですが

元が元なので小さい出来上がりだそうで……
機動力もよくないらしく
その上種は無い。

その手術をしたとしても
身長は163㎝のままですし
声もきっと頑張っても宝塚の男役のようになるのだろうし……。

一見して何も変わらないどころか
もし手術をしてから
失恋をして
その後に男性を好きになったら
いかんともしがたい……。

良かった。身長が163で良かった。
もし175㎝あったなら
わたしは衝動的なので
絶対に性転換をしていたと思うのです。
声だって飲めないお酒で潰そうとするでしょうし……。

そう考えたら
KABA ちゃんくらいの年齢までずうっと悩むのなら、手術をしても良いのかなあと思ってしまうのですが
その後に体調がすぐれない人が多いらしいし
心と見た目が違っても
それはそれで個性的なことだから
後の体調を悪くしてまで(脳梗塞も起きやすいらしいですし)手術する必要性はなさそうだなあと。


あとね、今もしも七夕の短冊の女の子に会ったとしても
もう、その子をなんとも思わないことは確信できます!

わたしは、鳩胸だったり
そばかすが多かったりするこの不細工な体でも
この体がいい……

□ □ □